障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページ傷病別請求事例>膝関節屈曲位拘縮

傷病別請求事例
手続代行
無料相談
傷病別請求事例一覧
膝関節屈曲位拘縮
症例別請求事例

膝関節屈曲位拘縮[ひざかんせつくっきょくいこうしゅく]

ケース1

性別

男性

傷病名

(傷病の原因)

右手関節強直・両膝関節屈曲位拘縮<痛風性関節炎>

障害の状態

痛風性関節炎で治療していたが左手が曲げられなくなり、 両膝関節も曲がった状態となった両手、両膝の運動筋力は半減し、 あぐらが無理で、下肢補助装具を常時装着しないと歩行できない

日常生活または労働能力

労働能力に支障がある

予後

改善の見込みなし

等級

3級12号(注)症状により認定される等級は異なります

その他

事後重症による請求

障害厚生年金を受給

 

ケース2

性別

女性

傷病名

(傷病の原因)

先天性多発性関節拘縮

障害の状態

下肢に常時補装具をつけないと歩行できない
運動筋力は著減〜喪失

日常生活または労働能力

座位での軽作業は可能

予後

変化ない

等級

1級9号(注)症状により認定される等級は異なります

その他

審査請求で2級から1級に変更

 
  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.