障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金の受給までの流れ>障害年金受給のための第一歩

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
はじめに
相談
書類の入手
診断書の作成
申立書の作成
裁定請求書の作成
不受理の場合
判定
受給後
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
障害年金受給のための第一歩

障害年金の受給資格とはどのようなものなのでしょう。まずは初診日を思い出すことから始めましょう。

障害年金の受給資格

どんなとき受給されるの?

年金加入中に病気やケガをし、障害が残り、日常生活や労働に支障が出たときに
受給されます。

どんな病気やケガで受給されるの?

眼や耳、言語が不自由な方

心臓、腎臓、肝臓や呼吸器疾患のある方

精神障害や精神遅滞の方

難病やガンにかかっている

糖尿病・高血圧で合併症がある方

受給するための4条件

初診日時点で年金に加入していること

保険料を一定期間払っていること

障害の等級に該当する程度の状態である

65歳までに年金請求すること

※例外規定があります

いつまで受給されるの?

障害等級に該当している間は受給されます。収入があっても受給されます。

※20歳前の初診でもらっているときは一定の収入以下

初診の年月日を思い出す

障害年金を請求するためには、初診日がいつだったか思い出すことから始まります。
日記帳や手帳、診察券等を参考にするとか家族に聞くなりして思い出してください。
健康診断で指摘されたとき精密検査をうけるよう指示されたときは、そのときが初診日です。

初診時に年金に加入していたかどうかを確認する

20歳以上60歳までの方は、初診時に国民年金、厚生年金、共済組合に加入していなければ請求できません。尚、国民年金については役所に加入の届出をしていなくても日本に居住している20歳以上60歳までの人は加入したこととして取り扱いされます。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金の受給までの流れに戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.