障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金の受給までの流れ>医師に診断書を作成してもらおう

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
はじめに
相談
書類の入手
診断書の作成
申立書の作成
裁定請求書の作成
不受理の場合
判定
受給後
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
医師に診断書を作成してもらおう。

医師に受診状況等証明書を作成してもらい、診断書の作成を依頼しましょう。

初診日の証明を医師に依頼する

請求する傷病について、複数の医療機関を受診している場合は初診日証明が必要となりますので、1番最初に受診した医療機関に出向き「受診状況等証明書」の作成を医師に依頼します。

診断書の作成を医師に依頼する

「受診状況等証明書」ができあがったら「診断書」の作成を医師に依頼します。
依頼する「診断書」の枚数および作成の年月は次の通りです。

1.障害認定日から1年以内に申請の場合

障害認定日から3ヶ月以内の症状で作成された診断書1枚

2.障害認定日から1年を経過してから申請の場合

障害認定日から3ヶ月以内の症状で作成されたのものと請求時点の3ヶ月以内に作成された診断書の2枚

3.事後重症による請求の場合

請求時点3ヶ月以内の症状で作成された診断書1枚

4.初めて2級の請求で2つの傷病がある場合

請求以前3ヶ月以内の症状で作成された診断書2枚

作成された診断書の記載内容を点検する

医師が作成した「診断書」に次のような不備や記載漏れがないか点検します。
不備等があるときは追記または修正を医師に依頼します。

1.裁定請求者の氏名、生年月日、性別、住所の記載漏れや不備

2.初診日、発病日の記載漏れや不備

3.症状の状態や現症年月日の記載漏れや不備

4.予後や日常生活能力、労働能力の記載のないもの

5.病院の名称、所在地、医師名欄の記載のないもの

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金の受給までの流れに戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.