障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金の受給までの流れ>病歴・就労状況等申立書を作成しよう

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
はじめに
相談
書類の入手
診断書の作成
申立書の作成
裁定請求書の作成
不受理の場合
判定
受給後
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
病歴・就労状況申立書を作成しよう。

障害年金の受給にあたって最も重要なポイントです。書類の記入については十分吟味して記入しましょう

病歴・就労状況等申立書を作成する

診断書を受け取ったら「病歴・就労状況等申立書」は作成しますが、
発病から初診日までの経過、その後の受診状況、治療経過、医師の指示事項、症状、
労働や日常生活の状況等を具体的に記入します。

裁定請求書提出の際に必要な添付書類を揃える

医師から作成した診断書をもらい、「病歴・就労状況等申立書」の記入が完了したら、
障害年金の裁定請求書に添付する書類を揃えます。添付する書類としては、
次の書類となります

ア 戸籍謄本(請求の3ヶ月以内に発行されたもの)
イ 診断書(傷病によってレントゲンが必要なときがあります)
ウ 病歴・就労状況等申立書
エ 年金手帳(基礎年金番号通知書)、被保険者証
オ 既に年金を受給しているときは年金証書
カ 普通預金通帳または郵便貯金通帳
キ 認印
  
障害厚生年金や障害共済年金を請求する場合には、次の書類もあわせて揃えます

1.配偶者や子がいるときは住民票(請求の3ヶ月以内に発行された家族全員のもの)
2.配偶者がいるときは所得証明書および配偶者の年金手帳(基礎年金番号通知書)、
  被保険者証
3.高校生がいるときは学生証等
4.20歳未満の障害者の子がいるときは診断書
5.配偶者が年金を受給しているときは年金証書

病歴・就労状況等申立書の書き方のポイント

障害年金を受給するためには障害等級が認定されなければなりませんが、 認定する際の判断資料となるものは医師が作成した診断書とともに、 請求者が記述した「病歴・就労状況等申立書」です。

「病歴・就労状況等申立書」は、請求者にとり決しておろそかにできないものであるにもかかわらず、書類の記入方法について十分吟味せず、記入している方が多いのが現状です。 そのため、年金が不支給に決定されたとか認定された等級が考えていた等級と異なることが良くあります。 「病歴・就労状況等申立書」は、事実を正確に記入し、就労が困難な状況を正しく伝える事が必要です。

障害等級に認定されるためには?

(1)その傷病が障害認定基準の等級に該当する程度の症状であること。

(2)障害等級に該当する状態が今後とも長期に亘って(概ね1年以上)続くことが予測されること。

(3)その症状により日常生活や労働能力において制限をうけるなど支障が出ていること。

などの点をクリアーしなければなりません。

したがって「病歴・就労状況等申立書」の作成に当たっては、事実を正確にかつ明確に記入する記入する必要がありますが、次の点に留意して記述すればいいでしょう。

(1)医師の診断書に記載されている内容と整合性がとれないような記述はしないこと。
医師の診断書と矛盾するような事柄があるときは、診断書の記載内容が不備であるとか
記載漏れのケースも考えられるので医師と十分話し合って修正、補充をもとめることが
大切です。

(2)障害認定日時点および請求時点の傷病の自覚症状、医師から聞いている他覚症状を含めて克明に記述すること。

(3)仕事や日常生活に支障をきたしている点について具体的に記述すること。

(4)発病日から請求時点までの治療経過や指示された事項について出来るだけ具体的に記述すること。

(5)役所からのお尋ねに備えて、「病歴・就労状況等申立書」を記入したら障害年金の書類を提出する前に必ずコピーを取っておくこと。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金の受給までの流れに戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.